トレチノインを含む医薬品の画像

トレチノインという肌のための医薬品があります。トレチノインでシミのない肌、ニキビ跡の解消を実現した方も多く、注目を集めています。ただ、間違った方法で使用すると余計に悩みを増やしてしまうかもしれないので注意が必要です。

皮膚科サイトに掲載のトレチノインとかさかさ肌

トレチノインの話題が、インターネットで掲載されている光景が目立ちます。その理由は、市販の化粧品では改善が難しいシミの治療ができる薬として、注目されているからです。トレチノインの正体は、ビタミンA誘導体です。普通のビタミンAは安定した状態で肌から浸透させることが難しいですが、人の手によって浸透しやすく作られたのが、ビタミンA誘導体になります。
肌の表面から塗ると、ターンオーバーを促すようになります。その働きによって肌の奥にあるメラニン色素を次第に外へ押し出すことができ、シミを薄くする効果が得られます。トレチノインは医師の処方箋が必要な成分です。シミ治療を行なっている美容皮膚科の公式サイトにて、トレチノインの詳しい説明が掲載されていることが多くあります。
肌がかさかさになる人がいますが、主な原因は乾燥です。肌は水分を保つことで、表面を整えたり、外部からの刺激を防ぐ効果がありますが、水分が不足すると乾燥が進んでいき、角質がめくれ上がってかさかさとした見た目や感触がするようになります。
乾燥を防ぐ手っ取り早い方法としては、化粧水などのスキンケア化粧品を使うことです。一般的なスキンケア化粧品で十分ですが、より保湿効果を高めた保湿化粧品なども存在しますので、上手に使いこなすのがポイントになります。
保湿の基本は化粧水ですが、さらに乾燥を防ぐためには、化粧水の後にクリームを塗ることで、水分の蒸発を防ぐことができるようになります。この他にも、肌の保湿力を高める成分が配合された、美容液などを用いると、潤いのある滑らかな肌を手に入れやすくなります。
しかし、あまりにも乾燥がひどい場合には、皮膚科で診断してもらうのがおすすめです。