トレチノインを正しく使おう

トレチノインを含む医薬品の画像

トレチノインという肌のための医薬品があります。トレチノインでシミのない肌、ニキビ跡の解消を実現した方も多く、注目を集めています。ただ、間違った方法で使用すると余計に悩みを増やしてしまうかもしれないので注意が必要です。

トレチノインの成分の特徴

最近女性の間では気になるシミやソバカス・肝班などの改善に、効果的な話題の成分と言えばハイドロキノンが有名です。そのハイドロキノンと非常に相性が良く、併せて使用することでより高い美白効果を得られるのがトレチノインという成分です。トレチノインはビタミンAの誘導体です。この成分は微量ではありますが人の体内の血液中にも存在しています。そのためスキンケアなどでお肌に塗布してもアレルギー反応などを起こさないのが特徴と言えます。トレチノインにはビタミンAの約200倍近くの活性作用があり、お肌の新陳代謝を高める働きがあるとされています。お肌の新陳代謝が活性化することで、強力なターンオーバーが促されるので新しい皮膚が再生する力が高まります。お肌のターンオーバーのバランスが整うことで、皮膚の表皮にあるメラニン色素や古い角質を外側へ排出する働きがあります。またトレチノインには長期間定期的に使用することで、皮膚の表皮や真皮を丈夫にするという効果もあるようです。さらにはヒアルロン酸やコラーゲンの生成も促進させるので、お肌の内側からハリや艶やかさに満ちた美肌に近づくことが出来ると言います。そしてトレチノインには皮脂腺の分泌を抑える作用もあるので、ニキビ肌の治療やオイリー肌の改善にも効果的とされています。これらをまとめるとトレチノインはピーリング作用やターンオーバー促進効果・皮脂分泌抑制効果などがあります。古い角質を剥がすピーリング作用と皮脂分泌抑制効果で、気になる大人ニキビや吹き出物などを劇的に改善する効果があります。そしてコラーゲンやヒアルロン酸を生成するターンオーバー促進効果で、年齢肌のシミや小じわを改善し若々しいお肌へと導く効果にも期待が出来る素晴らしい美容成分です。

■美白効果と保湿効果の両方を期待するならトレチノイン配合の薬よりプラセンタがオススメになっています
プラセンタ 効果